治療方針

治療方針

方針イメージ

一般内科
内科はまず患者さまのお話や症状をうかがい、診察(聴診や触診)や検査などを通じて病気の有無を見極め、解決していく診療科です。お体で具合の悪いところ、お悩み等ございましたら、私ども一同と一緒に解決していきましょう。
当診療所では一般内科はもちろんのこと循環器内科、糖尿病内科、痛風・高尿酸血症に対して専門的な医療を行っております。



循環器内科
循環器内科は、心臓疾患を扱うと同時に、全身の動脈硬化の進行を予防する内科です。当診療所では循環器(および糖尿病)を専門とする医師による診察を行ないます。
高血圧・胸痛・呼吸苦・むくみ・動悸・不整脈の症状のある方はご相談ください。高血圧症、狭心症、心筋梗塞の不安がある方や心電図に異常があった方などを対象に、必要に応じて心臓エコー検査などの精密検査を行い、その結果に基づき治療にあたります。
不整脈などの心疾患では、発作的に症状や所見が出現することが多く、さらに非発作時の心電図が全く正常であることもめずらしくありません。その場合、長時間の心電図検査によって発作時の変化を記録し、疾患の有無や重症度を判定する必要があり、24時間ホルター心電図検査を用いて診断に役立てています。
動脈硬化・心臓病の原因となる生活習慣病(高血圧、糖尿病、高尿酸血症、脂質異常症)の治療も積極的に行なっています。



糖尿病内科
糖尿病はさまざまな原因により血糖値が高くなっている状態で、いろいろなタイプがあります。
そのタイプを見極め、高血糖による将来の合併症を引き起こさないようにすることが大切です。糖尿病の治療は日々の食生活や運動量に密接に関係し、持病の状態なども影響します。当院では糖尿病専門医による専門的な立場から、患者様ひとりひとりに見合った無理のない治療を行っていきます。痛みの少ない皮膚からの採血によるHbA1cの即日測定も可能ですので、糖尿病が気になる方もぜひご相談ください。



痛風・高尿酸血症
尿酸はエネルギー代謝などに重要なプリン体の産物です。
溶けにくいため、血液の中の尿酸濃度が高くなる(高尿酸血症)と関節や腎臓に尿酸が溜まってきます。その結果、足の親指の付け根などが痛くなる痛風結節、痛風関節炎や痛風腎を引き起こします。
肥満や過食、飲酒が痛風・高尿酸血症の原因と考えられています。
お薬によってきちんと尿酸値を下げることが重要で、気長に付き合って頂く必要があります。当診療所では痛風協力医療機関として適切な治療を行っています。



訪問診療
あらかじめ計画を立て日時を決めて医師が訪問の上、診療します。原則2週間に1回程度の割合で定期的、計画的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等を行っていきます。ご自宅への訪問診療や、入居されている施設への訪問診療も行っております。血液検査や血糖値測定などの簡単な検査は訪問時に可能です。イメージとしては、「定期的な往診」といったところでしょうか。急病の時は適宜、病院へご紹介させていただいたり、必要に応じてご自宅で点滴をすることも可能です。

【訪問診療の導入事例をご紹介します】
~90歳代 Aさんの場合~
高血圧症などでながらく当院に通院されておられました。徐々に足腰が弱くなられ、認知症も出てきたことから通院が難しくなり、不定期に往診させてもらい診療していましたが、定期的な診療が必要となり訪問診療に切り替えました。その結果、定期訪問により体調管理がよりうまくいき、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンもご自宅で受けていただけました。一時期、おなかの痛みがでたためその場で血液検査をさせてもらったところ、炎症が強く病院に紹介させてもらい入院となりましたが、無事退院。現在も落ち着いておられます。

~80歳代 Bさんの場合~  「施設からご自宅へ」
Bさんは1年間ほどサービス付き高齢者住宅に入居されていましたが、日中も刺激が無く寝ていることが多い生活で徐々に活気がなくなってきました。ご家族のご意向で自宅での介護をされることになり施設を退居されることに。ご自宅に戻られるにあたり当方で訪問診療をさせていただくことになりました。現在はご自宅での訪問リハビリやデイサービスを活用しながら、住み慣れたご自宅で穏やかに過ごされています。

~90歳代 Cさんの場合~ 「住み慣れたご自宅でのお看取り」
これまで近隣の内科クリニックに通院されていましたが、ある時肺炎で病院に入院されました。病院の先生方、スタッフの方々の治療が奏功し奇跡的に肺炎は落ち着きましたが、食事が食べられなくなり体力も落ちてしまいました。退院後ご自宅に戻られましたが、歩けなくなり食べられない状態はつづきました。Cさん自身も「また病院にもどるのは嫌だ」と仰い、ご家族の協力のもとご自宅で介護することになり当方に訪問診療の依頼がありました。初回の訪問時にCさんとお話しをさせていただき、「家で過ごしたい」との思いをお聞かせいただきました。お看取りも念頭に置いて、訪問看護師さん、介護士さんと連携し穏やかな日常をサポートさせていただきながら、ご家族皆さんに囲まれて住み慣れたご自宅で最後を迎えられました。


ほんの一例でしたが、イメージいただけましたでしょうか。
訪問診療でもみなさまのニーズに合った医療を提供させていただければと思います。
ご相談は随時受け付けておりますのでご連絡ください。